婚活はそんなに甘くない!?婚活で現実を見ろといわれてしまう人ってどんな人?
結愛(ゆい)結愛(ゆい)

婚活はじめたけど、なんだかうまくいかないな。
やっぱり婚活での結婚は難しいのかなぁ・・・。
私って考えが甘いの?
考え方のコツなどあれば教えてください。

SATOMISATOMI

今回の記事は、こういった悩みをお持ちの方にアドバイスさせていただきます。
参考にしてみてください。

アラサー、独身、彼氏彼女なし?無料で結婚力をチェック

婚活はそんなに甘くない!?「現実を見ろ」と思われてる理由

プロフィール写真で目移りしてはいけない

結婚相談所など婚活場所の多くはプロフィールをみてお相手を選びますが、ほとんどの会員は年齢や性別に関係なく容姿でお相手を選ぶ傾向があります。

なぜ、プロフィールをみて選ぶと面食いになってしまうのでしょうか?

答えは簡単!

プロフィールを見ているとたくさんの人を比べてしまい、どんどん目移りしてしまうからです。

お相手を探すときは条件で検索したり、並び替えたりすることができるので興味のない人はでてこないようにできます。

消去法なのでどんどん理想が高くなっていくのも無理もありませんよね。

ほめるところではありませんが、みなさんおどろくほどイケメンやかわいい人を探すのが上手です。

結婚相談所などに入会すると異性のプロフィールをみることができますが、これはネット通販などで買い物をしているときの状態と似ている部分があります。

ネット通販は、商品を直接手にとり見ることができないので買って失敗したくない気持ちが働きますが婚活も同じです。

多くの人は失敗したくない気持ちが強くでてしまうので、選ぶ段階からすでに理想が高くなってしまいます。

会員はたくさんいるのにみんなが同じ人を気に入ってしまい、申し込みしたりすることもしばしば。

面食いな人たちは人気のある異性にばかり目がいきがちですが、誰がみてもかっこいい人やかわいい人は倍率が高く、会うことはかなり難しいのが現実です。

これがネット通販の商品なら在庫があれば購入できますが、婚活は何人も同じ人がいるわけではありませんので、容姿がいい人に大勢が群がっているということになります。

そのようなことが起きていることはみなさん知らないで婚活しているので、うまくいかないのも当然といえば当然なのかもしれませんが・・・。

婚活がうまくいく秘訣は、自分の性格や価値観を知ることです。
そのうえで釣り合いのとれた相手を選びアプローチしていきましょう。

もちろん、はじめは理想を高くもつことも悪いことではありませんが、釣り合いの取れていない人にばかりアプローチしても時間とお金の無駄になってしまいます。

はじめは釣り合いのとれた相手が分からなかったり、理想の人がたくさんいて目移りしてしまう人もいるかもしれませんが、少しずつ分かってくるはずです。

たくさんアプローチしても反応がない場合は今の理想が高いということなので気をつけましょう。

自分は面食いでどうしても顔に目がいってしまうという人は 【マスクdeお見合い】という内面重視の婚活もあるので、検討してみてもいいかもしれませんね。
この方法なら参加者全員マスクをつけて顔を隠しているので、顔ではなく人柄や価値観から判断することができるので冷静に婚活できますね。

婚活をしながら現実がみえてきたら、理想のレベルを少しずつ下げていくことや条件を見直しもしてみましょう。

お金を払っているという気持ちが強すぎて欲が出る

結婚相談所などの婚活は、お金を払って婚活することがほとんどですが、この「お金を払って婚活している」という考えが損得勘定してしまい理想を高くしていることがあります。

婚活では、本人の希望で遠方のかたとお見合いしたりお付き合いする場合もたくさんありますが、そうなると婚活費用だけでなく、交通費などもたくさんかかかってしまうことがあります。

遠方の人を選ぶときは、近場のお相手よりたくさんお金もかかるので、その分よりステキな人を求めてしまう傾向にあります。

ある男性会員は「キレイな人とお見合いできるなら全国どこにでも行きます」と張り切って婚活していましたが、相手の方とは結局うまくいかずそのあと辞めてしまいました。

必ずしも遠距離だからうまくいかないということではありませんが、遠距離の婚活は大変なこともあるということは知っておきましょう。

婚活でフットワークが軽く行動力があるのはとても良いことなのですが、婚活を始めてすぐの人が最初に張り切りすぎると、失敗したときのダメージが大きく挫折も早いです。

婚活は、理想の異性と出会うことが目的なのではなく結婚相手を探すことです。

遠方や近場に限らず、勢いで行動するのではなく冷静に結婚相手を探しましょう。

婚活は活動場所によって金額が異なりますので、慎重に選ぶ必要があります。
月会費や入会金が高いと感じている人は、 0円婚活できる結婚相談所などもあるので自分の予算にあったところで婚活しましょう。
先着で婚活支援金30,000円プレゼント!

現実が見えていない人が婚活で挫折しないためにすべきこと

他の人に負けない自分作り

婚活している人たちは、理想が高くお相手のことばかり考えている人が多いですが、まずは自分が気に入ってもらえないとお見合いもお付き合いもできません。

お相手選びも大事ですが、選ばれるためには他の人に負けないプロフィールであることが重要です。

プロフィールで判断されてしまうと、プロフィールが良くない人は誰の目にも止まらないことだってありえるのです。

例えば「太っている」「ハゲている」など容姿にコンプレックスのある人は、やはりプロフィールの時点ではどうしても不利になってしまいます。

現在は、 ぽっちゃりの人専門の「ぽちゃ婚」オタク男女専門の「ヲタ婚」内面重視の婚活「マスクdeお見合い」 など、婚活の種類も多様化されてはきていますが、一般的な結婚相談所などではまだまだ容姿や好条件で選んでしまう人がほとんどです。

プロフィールのなかでも最初に目につくのは、どうしても顔写真ですの写真はとても大事です。
容姿に自信のないという人でも、奇跡の一枚をプロフィールに載せれるようにがんばりましょう。

もちろん、顔写真だけでなく趣味や特技をみてアプローチしてくる人もたくさんいますので、自分を磨いてアピールできることを増やし、すてきだなと思わせるプロフィール作りをしていきましょう。

有楽町線・銀座線・丸の内線・日比谷線・日比谷線・浅草線・山手線【フォトスタジオ銀座シルキア】

自分に釣り合う相手を考える

結婚相談所などに入会すると、まず自分のプロフィールを作成すると同時にお相手はどんな人がいいのかを考えなくてはいけませんが、今現在の自分に釣り合う相手が分かっている人はほとんどいません。

これは、とくに恋愛が遠のいていた人に多いのですが、このような人は理想が昔から現在まで変わっていないため現実とかけ離れてしまっている可能性が高いです。

例えば、婚活している人口が多いアラフォー世代の女性は、

「お相手は同い年ぐらいが希望です」

という人が大半ですが、実際のところ同世代で探すのは難しいのが現実です。

婚活では、同世代を希望していたアラフォー女子に50代の男性から申し込みがくるということも少なくありません。

会員によってはその現実を受け止められなくて、ショックで退会してしまう人もいます。

男性はいくつのなっても若い女性が好きなので、アラフォー女性が同世代の男性と結婚するためには、若い女性に勝るものが必要になってくるのです。

それは女性に限ったことではなく男性も同じです。

アラフォー以上の男性は若い女性が理想なのはわかりますが、おじさん扱いされてしまうほどの年の差狙いはかなり現実的ではありません。

これでは現実を見ろと言われてもしかたありません。

結婚相談所は恋愛よりシビアなところがあるので、考え直す必要があります。

お相手の条件は、ある程度ひろげて考えることができないと結婚は難しくなってしまいます。

婚活していくと、どうしても現実を突きつけられてしまうので辛い思いをすることもあるかもしれませんが、現実をみないと結婚までは進めません。

現実を素直に受け止め、婚活をしながら自分に釣り合う相手を考えていきましょう。

あなたの婚活偏差値は?婚活EQ診断でチェック

まとめ

婚活をはじめる人の多くは、入会すれば「自分の思い描いている理想の異性と結婚できるのではないか」と思って入会しています。

そのため、思い通りにならないことや大変なことがあるとギャップにおどろいて辞めてしまう人もいます。

婚活がうまくいっていない人は、今の婚活方法が自分にあっていないか自分の考え方が間違っている可能性があります。

現実を知ることが結婚への近道なのです。
「現実を見ろ」と言われないためにも、婚活がうまくいっていない原因はなんなのかを知り活動していきましょう。