結婚適齢期を過ぎた人でも婚活したら結婚できるの?!
結愛(ゆい)結愛(ゆい)

私も気づいたらアラフォー・・・。
結婚適齢期はとっくに過ぎちゃったけど、これから婚活して結婚できるかな・・・。
アラフォーの人が婚活するときに気をつけなければいけないことってありますか?
教えてください。

SATOMISATOMI

自分と同じ世代の人が婚活していると聞くとホッとする人もいるかと思いますが、その人たちは同世代だからこそライバルでもあります。
とくにアラフォー世代の婚活人口は多いのでライバルも多いということになります。
この記事を読んでライバルたちより一歩先に進みましょう。

35歳以上男女専門の結婚相談所・お見合い・婚活応援サービス【R婚】

結婚適齢期を過ぎた人もたくさん婚活している

婚活は、結婚できる年齢以上の人なら何歳でも活動できます。

一番多い世代は30代~40代ですが、最近は結婚適齢期前の20代や60代のシニア層の人までとても幅広く婚活しています。

・若いうちに結婚したい20代

・仕事に夢中で結婚は後回しになってしまった40代

・子供が欲しいから早く相手を探したい30代

・死別してしまい寂しいからお相手を探している60代

など、婚活している人たちは年齢も理由もさまざまです。

結婚適齢期を過ぎてしまうと売れ残りと思われがちなこともあり、

「結婚適齢期を過ぎたら婚活しても無駄なのでは?」

と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

結婚したいという気持ちがあるなら、婚活は何歳からでもはじめることができるのです。

婚活をしようと思ったら、まずは情報収集してなるべく無駄のないように婚活していきましょう。

厳選!16社の結婚相談所の資料を一括請求する

結婚適齢期を過ぎてからの婚活は不利なのか

結婚適齢期を過ぎてからの婚活は不利なように感じている人も多いと思いますが、そんなことはありません。

結婚適齢期とは、

”結婚するのに適切な年齢の範囲のこと”

をいいますが、実際その範囲外の人でも結婚している人はたくさんいます。

どうしても結婚には年齢がつきまといがちですが、今は昔と違って”歳の差婚”や”熟年結婚”などいろいろな形がありますので、自分の年齢を気にする必要はないでしょう。

婚活がうまくいかない理由を年齢のせいにしている人もいますが、うまくいかないのは

”自分が現実を受けとめて婚活できていないことが原因”

ですので、年齢はあまり関係ありません。

婚活は何歳からはじめても遅くはないですが、婚活を失敗したくないと思うなら、自分の性格や価値観を知るなどして、現実を知ることからはじめましょう。

結婚適齢期を過ぎた人が婚活で気をつけること

結婚相手のハードルを上げない

結婚適齢期を過ぎた人がお相手を選ぶときに一番気をつけなければいけないことは歳の差です。

若いときなら自分と同じぐらいの年の人と結婚できる確率は高いですが、結婚適齢期を過ぎたらそうはいきません。

例えば、

38歳の女性がお相手を探している場合、

「お相手の年齢は35歳~42歳の男性を希望します」

と言っていたら結婚できるでしょうか?

答えはNOです。

35歳~42歳ぐらいの男性は、お相手を選ぶときに年下の若い女性を探している場合がほとんどですので、年齢で比べられると不利になってしまう可能性が高いです。

アラフォー女性には辛い現実ですが、女性が婚活するうえで若さは武器になるんです。

女性はアラフォーぐらいのある一定の年齢になってくると、

”年下もアリです”

という人がでてきてしまうのですが、

婚活では

”自分より年下の男性が年上女性を選ぶことはほとんどない”

ということを頭に入れておきましょう。

38歳の女性が結婚相手を探すときに同世代ぐらいの人がいいという気持ちはわかりますが、結婚適齢期を過ぎたらお相手の年齢はギリギリまで上げて考えることをおすすめします。

これは女性だけでなく男性も同じです。

男性は、自分は年をとっていても結婚相手は若い女性がいいと思っている人が多いのですが、若い女性は歳の差婚を考えている人はほとんどいません。

婚活する前の年齢の理想は一度リセットして、考え直してからお相手選びをしましょう。

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

プロフィールだけで判断しない

プロフィールを見てお相手を探す婚活では、プロフィールだけでお相手を判断することはやめましょう。

プロフィールだけで判断してしまうということは、運命の相手かもしれない人にも会わずに、結婚できるチャンスを自ら失っていることにもなります。

アプローチされたら、プロフィールは会う前情報だと思って目をとおし、まずは会ってみてから判断するようにしましょう。

プロフィールだけで判断しない
(申し込みが殺到している人は除きます)

これは婚活している人のほとんどができていないことでもあるので、ぜひ実践してみてください。

それだけで結婚できる確率がぐんと上がりますよ。

年齢に負けない自分の売りが必要

あなたは、

「婚活するうえで自分の売りはありますか?」

婚活は年齢に関係なく活動することは可能ですが、自分に売りがないとなかなかうまくいかない場合があります。

なぜなら、同性の同世代はみんなライバルなので自分を売り込まなければ埋もれてしまう可能性が高いからです。

若い人なら若さが売りになりますし、ライバルも少ないのでそこまで考えなくてもいいかもしれませんが、男女とも30代~40代の人はライバルも多いので自分の売りが必要となってきます。

・自分の長所が分かっている人

・目を引く特技や趣味をもっている人

・自分磨きをしている人

・婚活にふさわしいプロフィール写真を載せている人

など

プロフィールの段階から自分の売りをアピールできている人は、それだけでもお見合いやデートができる確率がぐんと上がります。

プロフィール内容は選ぶ材料としてとても重要ですので、まずは自分の売りは何かを考えてみましょう。

なかには「私は内面をアピールしたい」という人もいると思いますが、内面はプロフィールではアピールしづらい部分でもあるので、写真にも力を入れなければいけません。

誰でもプロフィールを見ながら選んでいるとどうしても容姿に目がいってしまうので、内面をアピールしたいという人でも写真は重要です。

会えないと始まらない婚活では掲載する写真はとても重要です。
婚活するなら婚活にふさわしいプロフィール写真を用意することはあたりまえのことだと思っておきましょう。

プロフィールには今までで一番よく撮れている奇跡の写真を載せてくださいね。

有楽町線・銀座線・丸の内線・日比谷線・日比谷線・浅草線・山手線【フォトスタジオ銀座シルキア】

結婚適齢期を過ぎたら人生設計を立ててみる

結婚はチャンスがあればいくつになっても結婚はできますが、チャンスは何度もあるわけではないので、すべての人にあてはまるわけではありません。

結婚適齢期を過ぎてしまうと結婚が後回しになってしまう人が多く、気が付いたら出会いがないといって困っている人も多いです。

まずは、結婚適齢期を過ぎたら

・結婚したい年齢

・子供が欲しい年齢

などを具体的に考えておくことが重要です。

とくに女性は結婚したら子どもが欲しいと考えている人も多いと思いますので、しっかり人生設計を立てておかないと、あとで後悔することになってしまうこともあります。

婚活は早すぎるということはありません。


結婚のチャンスを逃してしまい生涯未婚になってしまわないように、いずれ結婚したいと思っているなら早めに婚活をはじめましょう。