結婚は大きな賭け?!失敗したとならないために考えておくべきこととは
結愛(ゆい)結愛(ゆい)

私の周りの友達は、旦那に対しての愚痴を言っている人が多いです。
私もこれから婚活したいと考えているけど、結婚したら幸せになれるのでしょうか?

SATOMISATOMI

誰もが幸せになりたくて結婚したはずなのに、結婚すると相手の愚痴ばかり・・・。
この記事では「失敗したかも・・・」とならないように、結婚前に考えるお相手選びのことを書いています。参考にしてみてください。

結婚はギャンブルなのか

”結婚はギャンブル”

という人がいますが、いったいなぜなのでしょう。

理由は2つ、

・失敗したと思っている人が周りに多いから
・離婚している人がたくさんいるように感じているから

です。


”3人に1人は離婚している?!”

とも言われていますよね。

私の周りにはそんなに離婚している人がいるようには感じませんが、そんなに離婚しているのでしょうか?

厚生労働省の平成30年(2018)人口動態統計 離婚率は1.66人。

集計した結果によると、1.66人のようですね。
1.66だということは、1000人中1.66人が離婚した人ということですので1000人中1~2人という計算になります。

この数字、多いと感じますか?

私は、3人に1人と言われると

「そんなにいるかなぁ?」


と思いましたが、1000人中1~2人と聞くと


「もうちょっといるような気がするけど・・・」


と思ってしまいました。


結婚相手を決めるときは長く連れ添う相手ですので、結婚する前にある程度は見極める必要がありますが、結婚前にお相手のすべては知ることは不可能です。


なぜなら、恋愛のときにはわからなかったことが、結婚してからわかることもありますし、結婚したとたんに変わってしまう人もいるからです。

結婚してからでないとわからないことがたくさんあるという意味では、人生最大のギャンブルなのかもしれないですね。

ギャンブルにならないためには、結婚する前からお相手のことをよく知り、いかにお互いのことを分かり合えるかが重要です。

とはいえ、

”相手のすべてはわからない”

ので、いい人と結婚したいがゆえに考えすぎてしまうのもよくありません。


まずは、自分の性格や価値観に合っている人はどんな人なのかを知ることからはじめましょう。

結婚して失敗したと感じている人の理由

結婚すると、ひとつ屋根の下に暮らし生活を共にしますので、お互いに些細なことが気になりはじめます。

そういう意味では、結婚してからのほうが不満が多くなってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

では、失敗したと感じている人は、実際にどんなことで失敗したと思っているのでしょうか。

家事や育児を手伝ってくれない

ママたちの多くは、

”言わなくても手伝ってほしい”
”体調が悪いときぐらい手伝ってほしい”
”自分のことは自分でやってほしい”

など、いろいろな不満を抱えながら家事や育児をしています。

ワンオペ育児の人も多くなっている今は、旦那さんの協力は必要不可欠なんです。


ひと昔前なら

”家事や育児は女性のやる仕事”

と思っていた男性もいたかもしれませんが、今はその考えでは結婚生活はうまくいきませんし、婚活などでもモテません。

女性で家事や育児が苦手な人もいます。
女性だからといって誰でも家事や育児が得意なわけではありませんからね。

もし女性が家事や育児が苦手でも、男性はダメだしばかりするのではなく、一緒に手伝ってあげることも必要です。

家事や育児は毎日のことなのでストレスの原因にもなりやすいです。
失敗したとならないためには、夫婦で協力しあうことが家庭円満の秘訣ですよ。

話を聞いてくれない

結婚するとお互いに時間に余裕がないので、話したいこともなかなか話せなかったり、悩みがあってもじっくり相談できない場合があります。

夫婦で話をする時間は必要です。
早く帰ってきた日や休日などにゆっくり話せる時間を作りましょう。

話をしなくなっていくと、お互いの距離感が遠くなりはじめてしまうので、隠しごとが増えたりストレスで病気になってしまうこともあります。

一緒に住んでいるのに距離が遠く感じてしまわないようにするためには、気づかうことを忘れずに生活することが重要です。

子供と遊ばない

子供が、

”パパ、遊ぼう~”

と言っているのに遊んであげないパパ。

せっかくのお休みなのに、子供とまったく遊ぼうとしない旦那さんに奥さんはイライラがつのります。

・ふだんは忙しいから、休みの日は自分の時間がほしい

・疲れているからゆっくり寝たい

という気持ちも分かりますが、子供はパパとも遊びたいはずですし、ママも少し休みたいものです。

育児で疲れているママは、少しでも子供の面倒をみてもらえるとうれしいものですからね。

育児はパパが思っているよりずっと大変なので、ママを楽させてあげられるパパはステキですね。


ここでは代表的なことを3つをあげましたが、結婚生活をはじめると不満はきりがないほどたくさん出てきます。

今まで一緒に生活したことのない人が生活するとなると、生活スタイルや考え方が違うため、イライラしたり失敗したかもと思ってしまうのは当然のことでもあるのです。

はじめは小さな不満が、やがてチリも積もり大きくなっていくこともありますので、気をつけなければいけないところでもありますが・・・。

失敗しない相手選びのコツ

結婚は何度もするものではありませんので、

「失敗した」

とならないようにしたいものです。

では、どうすればお相手選びを失敗しないですむのでしょうか。


「たくさん恋愛をして、いろんな人とお付き合いしてみることが良いんじゃない?」

と思う人がいるかもしれませんが、結婚は必ずしもそれがいいとも限りません。

もちろん、恋愛経験が多い方が過去と比べることができるので失敗は防げるかもしれませんが、なかには同じ過ちを何度も繰り返してしまう人もいます。

失敗したとならないためには、自分にはどんな人が合っているのかをある程度は先に知っておく必要があります。
結婚相手を顔だけで選ぶのはギャンブルに近いです。

恋愛なら顔で選ぶのもありかもしれませんが、結婚を考えているなら自分の性格や価値観を知り、どんなお相手と合うのかを知りましょう。

恋愛してもうまくいかない人や恋愛経験が少ない人が結婚を考えている場合は、婚活することも考えてみると良いでしょう。

婚活は、真剣に結婚したいと思っている人たちが集まる場所です。

婚活をはじめて、お付き合いやお見合いをしてみることでいろいろなことがわかるようになりますよ。

婚活しながら結婚偏差値も高めていきましょう。

まずは、自分に合っている活動場所を選ぶことが大事ですよ。


よく婚活は早い方が良いと言いますが、その理由は婚活をはじめてすぐに自分の理想の人が現れるわけではないからです。

お相手探しの前に自分のことをよく知りましょう。

恋活や婚活しながら見る目を養おう

”恋活や婚活は見る目を養うことができる”

結婚した人のなかには、好きな人と結婚したはずなのにうまくいかずに失敗した人もたくさんいます。

結婚は、恋愛ののちに結婚したからといってうまくいくというわけではありません。

・早く結婚したい
・理想の人と出会いたい
・失敗したくない

と考えている人なら、婚活して自分に合っている人を見つけることも一つの方法です。

恋愛と結婚が違うように、恋活と婚活も別ものなのでいろいろ勉強してみることをおすすめします。

自分に合っている場所を探して婚活や恋活しましょう。