結婚相手は見た目が重要?!婚活プロフィールの落とし穴とは
結翔(ゆいと)結翔(ゆいと)

結婚相手を選ぶときって見た目も重要だと思うんだけど、この考えじゃダメかなぁ・・・。
やっぱり中身のほうが重要なの?
プロフィールでのお相手選びのコツなどあれば教えてください。

SATOMISATOMI

婚活のプロフィール、どこを見て選んでいますか?
実はプロフィールでお相手を選ぶのはすごく難しいんです。
この記事を読めば落とし穴にはまらずにすむかもしれません。
参考にしてみてください。

内面重視の恋がしたいなら【マスクdeお見合い】

婚活で結婚相手を探すとき見た目重視ではいけない理由

結婚活動の幅がせまくなる

婚活でお相手探しをする場合、まずプロフィールをみて選びますが、ほとんどの人はこの段階で選びかたを間違えています。

プロフィールで最初に目がいってしまうのは、どうしても顔ですよね。

顔で探してしまうと他のステキな人を見落としてしまい、選ぶ範囲がせまくなってしまうので良くありません。

婚活でのありがちのパターンはこんな感じです。

入会して気に入った容姿の人を何人か自分で選び申し込む

お相手から連絡がないのであきらめてしまい活動しなくなっていく

「もうこの結婚相談所にはいい人がいない」という理由で辞めてしまう

これでは婚活はうまくいきません。

このような考え方の人の多くは、辞めるときも結婚相談所のせいにして辞めていきますが、次の婚活場所でも同じような辞め方する可能性が高いです。

結婚したいなら⾃分の性格や価値観を知り、お相手選びの考え方を改めないと結婚は難しいでしょう。

自信をなくし婚活を辞める

結婚相談所の会員の多くは、自分に釣り合っている異性がわかっていません。

会員の多くは面食いな人が多いため顔重視でお相手を選ぶのですが、それとは裏腹に自分に自信がない人や自分から積極的に行動できない人も多いのが特徴です。

とくに、恋愛で受け身だった女性がいきなり積極的に婚活するのはとても大変なことです。

【受け身の人の考え】

●自分で相手を選んで申し込む勇気がない

これは女性に多いのですが、普段から恋愛に対して受け身の人はオンラインからでもなかなか申し込みすることができません。

”申し込み = 告白(プロポーズ)”

と重く考えてしまっていることが原因のようです。 

●申し込みして断られることが怖い

受け身の人は
”申し込み = 告白(プロポーズ)”
と考えているので、断られるということに恐怖心があり、その後のダメージも積極的な人に比べるとかなり大きいです。

●「この人なら断られても悔しくない」という人に申込む

受け身の人は断られてダメージをうけたくないので、

「この人はモテそうだから、他にもたくさん申し込みがきてるだろうし断られても仕方ないな」

という人を選ぶことがありますが、それでは婚活は前に進めません。

●人気のある人にばかり申込み、断られ続けて自信をなくす

はじめは「この人はモテそうな人だから断られてもしかたない」と思い、人気のある人ばかりに申し込みをしていますが、結局だれにも受諾してもらえないと自信をなくしてしまいます。

●逃げぐせがあるので婚活をすぐ辞める

待っていても申し込みがこないので勇気をだして自分からアプローチしてはみたものの、容姿のいい人ばかりを選んでしまうので相手にされず大きなダメージをうけてしまう。

ダメージ受け続けると積極的に行動することができなくなってしまうので最後は退会・・・。

受け身の人は婚活に限らず、ふだんから辛いことや悲しいことを避けて行動しているのではないかと思われます。

結婚に対しても夢を抱いている人も多く、

「結婚相談所は、ステキなお相手を紹介してくれる場所」

と考えている人も多いです。

アドバイスをもらったら行動しなければ結果につながらないのですが、それができない人が多いです。

婚活はうまくいかないことや嫌なことがあっても、すぐに逃げたりあきらめてしまっていては結婚はできません。

恋愛や結婚は、楽しいことやうれしいことだけではないということは頭に入れて婚活しましょう。

見た目重視にならない相手選びの方法とは

見た目以外にどこが重要かを考える

プロフィールでお相手を探すときは、 内面重視で探す ことを第一に考え、見た目は後回しにすることはとても重要です。

なぜなら、顔が良いとすべてがプラスに見えてきてしまい、結婚相手としてふさわしい人かどうかを冷静に判断することができなくなってしまうからです。
まずは、顔以外の条件で優先順位を考えましょう。

考え方としては賃貸のお部屋を探しているときの考えかたと似ていますので、同じように考えてみるといいですよ。

まず、お相手探しでここは譲れないという条件は何かを考えます。

もちろん顔以外の年齢、収入、学歴なども良いに越したことはないと思いますが、プロフィールで探しているときはどこまで妥協できるかが重要です。

家探しも似ていますよね。

「家賃が安くて、駅近で、広くて新しい部屋を探しています」

と言って探してみても、なかなかそんな好条件の物件はないのと同じです。

まず選ぶ範囲をどこまで広く考えることができるかを考えましょう。

それ以外にも、自分と共通点がある人なども決め手となりやすいです。

同じような趣味の人や価値観など、接点のありそうな人を探してみるのもいいでしょう。

最近では、お酒が好きな人の【お酒婚】 や、犬や猫などが好きな人の【ペット婚】 、ゲームやマンガ好きな【ヲタ婚】 など、趣味に特化した婚活もありますので参考にしてみてくださいね。

自分と釣り合う相手はどんな人か考える

理想が高い人の多くは、釣り合いがとれていない人ばかりを選ぶので婚活がうまくいきません。

うまくいかない理由は、自分が考えている高い理想のままお相手を探してしまっているからでもあります。

婚活している人に多いのは、自分を棚に上げて考えている人です。

例えば、

・自分はバツイチなのにバツイチは嫌

・自分は子持ちなのに、お相手は子供がいないほうがいい

・自分は太っていることを気にしているのに、太っている人は嫌

などなど

このような考えで選んでいると断られる可能性が高く、婚活はうまくいきません。

まずは、自分の境遇や現在の状況などを受け入れてくれる相手はどんな人なのかを先に考えてから申込みましょう。

婚活がうまくいっていない人は、内面重視の婚活ができる【マスクdeお見合い】や、子供がいる人のための【子持ち婚】 など、専用婚活を利用することでうまくいく確率が上がる場合があります。

婚活場所やアドバイザーとの相性が良くなくて婚活がうまくいっていない場合もありますので、今の婚活方法が自分に合っているのかどうか一度考えてみてもいいでしょう。

アドバイザーからアドバイスをもらう

婚活している人のほとんどは、自分に釣り合う人がどんな人なのかが分からないまま婚活しています。

婚活ははじめてみないと分からないことも多く、状況によって変化もしていきます。

どう婚活していけばいいのか分からないのは当然のことなので、分からないとこは恥ずかしいことではありません。

●どんなお相手がいいのか考えてみたけどわからない

●考えて申し込みしているけどうまくいかない

など

分からないことは何でもアドバイザーに相談してみましょう。

多くの人は自分の考えをアドバイザーに伝えることが苦手です。
アドバイザーにどんどん質問できる人は、それだけで成婚できる確率が上がりますよ。

婚活は一人で考えて行動するのは難しいことも多いです。

一人で婚活してみたけどうまくいかなかった人や、一人で婚活する自信がない人は、 専属・専任カウンセラーがアドバイスしてくれる結婚相談所専任のコンシェルジュがつく結婚相談所 で婚活すると細かい悩みにも相談にのってくれるので安心です。

アドバイザーからアドバイスをもらっても聞く耳を持たない人も多いですが、 アドバイザーと二人三脚で婚活をがんばることができる人は成婚が近づきますよ。

婚活しながら条件の見直しが必要

婚活は、活動していくと日々状況が変化していきますので、そのときどきに応じた判断が成婚につながっていきます。

自分のプロフィールもお相手の条件も、入会したときのままではいけません。

婚活は、その人に合った婚活方法で前に進むことが重要です。

婚活していくと、迷ったり分からなかったりするのは当然のことですので、アドバイスしてくれる人がいる場合は、些細なことでもどんどんアドバイザーに聞きましょう。

積極的な人ほど成婚できますよ。

マスクdeお見合い 結婚相談