結婚相手を選ぶとき価値観が合うというだけで判断してはいけない理由
結愛(ゆい)結愛(ゆい)

結婚相手は自分と価値観の合う人がいいと聞いたことがあるけどやっぱりそうなのかな?
価値観が合わない人とは結婚しないほうがいいんですか?
教えてください。

SATOMISATOMI

この記事を読むと価値観も大事ですが価値観よりもっと大事なことが分かります。
お相手探しの参考にしてみてください。

あなたの理想の結婚相手はどんなタイプ?成婚コンシェルジュ診断でチェック

結婚は価値観の合う人とならうまくいくのか

結婚相手に求める条件はいろいろありますが、何が重要だと思いますか?

多くの人は”価値観の合う人”と答えると思いますが、価値観が合う人と結婚できれば本当にうまくいくのでしょうか。

価値観が合うというのは一つの判断材料でしかなく、そのほかのことでうまくいかなくなるということも考えられるため、それだけだけでは判断できません。

もちろん、価値観が合っていれば生活するうえで気をつかわなくてすむことも多く、一緒に楽しめることも増えるので重要な条件の一つではあります。

価値観とは、

”価値を判断するときの根底となるものの見方のこと”

をいいますが、

・善悪や好悪などの判断
・優先順位
・価値があるかないか

などを夫婦間で決める場合、同じ意見のほうが結婚生活も楽になります。

結婚するとあらゆることを結婚相手と一緒に決めなければいけないので、結婚前は価値観が合っていると思っていた人同士でも、衝突やケンカになることもあります。

もともと男性と女性では考え方が違うところもありますし、育った環境なども違うので価値観が合わないのは当然のことなのです。

ふだんは些細なことが多いので我慢できますが、結婚すると時には大きな決断をしなければいけません。

そのようなときに自分の価値観とお相手の価値観が本当に合っているかどうかがわかるのかもしれませんね。

離婚してしまった人の理由で”価値観の違い”と答える人が多いですが、大きな決断をするときに意見が食い違い、それが発端で離婚に至るケースも多いです。

結婚前に、

「この人とは価値観が合っているかも」

と思って結婚したほうが、居心地もよく楽しく過ごせるとは思いますが、それだけで結婚生活がうまくいくとは限らないので、条件の一つとして考えておくべきでしょう。

結婚生活での価値観とは

結婚すると夫婦でいる時間が長くなりますので、価値観の違いがでてしまうことはたくさんあります。

例えば、些細なことでは

・ 私は魚が好きだけど、旦那は肉が好き

・ 旦那は貯金が好きだけど、私は買い物が好き

・ 私はキレイ好きだけど、旦那は汚くても平気ですぐ汚す

・ 旦那はアウトドアが好きだけど、私はインドア派

など

これらのことは、生活していると感じることなのですが、全部が同じ人はいないですよね。


結婚前に価値観が合うと思っていた人同士が結婚しても、いざ生活してみると合わない部分がでてくるのも当然のことなのです。

些細なことが気になり始めると結婚生活がうまくいかなくなる原因にもなりますので、違いに対する理解も必要です。

価値観の違いは、結婚して一緒に生活してみないとわからないこともたくさんあります。

価値観は、いつも一緒にいていろいろなことを考えなければいけないからこそ、小さなことから大きなことまででてくるのです。

価値観の合う合わないは結婚前に全部はわかりませんので、ひとつの目安として考えておきましょう。

自分で気づいていない価値観や結婚相手に求めるものが分かる【成婚コンシェルジュ診断】

価値観が違うことはダメなことなの?

結婚相手の条件として価値観は大事ですが、価値観が違う人とはうまくいかないのでしょうか?

価値観は、周りの環境や結婚相手によっても変化していくものなので、必ずしも価値観が違う人とは合わないということはありません。

結婚したお相手と自分の価値観が100%同じということはありえませんので、価値観の違いに気が付いたときに、お互いがいかに歩み寄れるかどうかが重要です。

・自分と違っていると不快に思う

・自分の考えと同じでないと嫌

・相手の行動に腹が立つ

・自分の考えにしたがってほしい

など

このような場面になったときに、どう対応してどう考えるのかがとても重要です。

結婚して間もないころなどは、価値観があまりにも違いすぎてついていけなかったり、理解することが難しいということもあるかもしれませんが、少しずつでも分かってあげたり分かってもらう努力は必要です。

また、価値観の違いはマイナスなことだけではなくプラスになることもあります。

自分と違った価値観が新鮮に感じたり、刺激を受けたりすることもあるので、必ずしも価値観は同じでなければいけないというわけでもないのです。

とはいえ、あまりにも価値観が違いすぎていて歩み寄ることが不可能な人もいます。

そのような人と結婚してしまっては自分が苦労してしまったり離婚の原因にもなりかねません。

いろいろな人と出会い、見る目を養うことも重要ですよ。

結婚生活で価値観より大切なこととは

結婚への考え方は人それぞれ違います。
結婚生活で大切なことは、尊重し合える関係かどうかです。

結婚すると「自分の考えにしたがってほしい」という人もいるかもしれませんが、この考えは一歩間違うとモラハラになってしまいますので注意が必要です。

なかには、結婚してから態度が変わってしまう人もいますので、結婚前から尊重し合える関係になれるかどうかの見極めは必要です。

昔は”結婚は忍耐”という言葉もあり、苦しいことがあっても離婚しない時代もありましたが今は違います。

この人にはもうついていけないと感じたら離婚してしまう人も多いのです。

・ 恋愛中は頼りがいがある人だと思っていたけど結婚したら自分本位な人だった

・ 思い通りにいかないことがあるとすぐカッとなり怒る人だった

などとならないように、結婚する前に相手をよく知っておきましょう。

婚活は、いろいろな人と出会うことができて見る目も養うことができるので、結婚相手を探している人にはおすすめです。

自分磨きしながら、尊重し合える人を見つけましょう。

ちょっとした価値観の違いは受け止められる余裕を持とう

婚活などで結婚相手を探しているときは、

”価値観が違うのはあたりまえのこと”

と思っていると気持ちが楽です。

婚活している人たちを見ていると、いい人と結婚したいという思いが強すぎて相手に歩み寄ろうとしていない人が多いです。

相手に歩みよることができたり、思いやりがある人は結婚に大きく近づきます。

一方的にお相手を選んでいても、相手に気に入ってもらえなければ結婚は成立しません。

いい人と結婚したいと思うなら、自分も変わらなければいけないのです。

価値観の違いは、ときにはいい刺激になったり新しい発見にもつながります。

結婚はゴールではなく、そこからがスタートです。
結婚相手を見つけるときも結婚してからも、努力は必要ですよ。