婚活している人の多くは顔で選んで失敗しているって本当?!
結翔(ゆいと)結翔(ゆいと)

結婚相手を選ぶときって顔は重要だと思うんですがこの考えはダメですか?
既婚者の人は、顔で選んでいないのでしょうか?
教えてください。

SATOMISATOMI

この記事は、誰もが結婚相手を探すときに考える顔のことを、結婚相談所のリアルな実態を元に書いています。
参考にしてみてください。

恋愛・結婚するには、まずは自分を知ることから始めましょう。
カンタンにわかるアイピック性格分析

婚活している人の多くは結婚相手を顔で選んで失敗する

「婚活しているのにうまくいかない・・・」

という人はたくさんいますが、その理由のひとつにお相手を顔で選んでしまっていることが考えられます。

婚活の主なスタイルはプロフィールでお相手を選ぶことが多く、会う前にお相手を決めます。

そのため、アプローチがあってもプロフィールを見て気に入らない場合、会わない人も多いです。

会う前にプロフィールで選ぶことは、プラスな部分も多くありますが、マイナスな面も大きいため、考え方を間違うと婚活がうまくいきません。

●プロフィールで選べる利点

・会いたい人をピックアップできる

・理想の人を探せる

・前もってある程度どんな人かわかる

●プロフィールで選ぶとマイナスな点

・プロフィール上だけで判断してしまい会わない

・たくさんの人を見比べているうちに理想が高くなる

・自分と釣り合っている人を見逃してしまう

プロフィールで探せることはとても便利で効率的ですが、反対に婚活がうまくいかない原因にもなっていると私は思います。

実際に婚活している人の多くは、アプローチされても顔が好みではないという理由だけで会わない人や、先に顔で合否を決めてしまい、顔以外のいいところが目に入らない人が多いです。

写真に目がいってしまうのは仕方がないのですが、プロフィール写真はとても力を入れている人とそうでない人との差が激しいので、写真だけで判断するのはとてももったいないです。

写真で選んでばかりいると、実際に会ったときに「あれっ?なんか写真と違うかも・・・」ということもよくありますし、反対に写真よりステキな人もたくさんいますので、会ってみないとわからないのです。

アプローチがきて会ったからといって

・必ず交際しないといけない
・結婚しなければいけない

ということはないのですから、ご縁があったら積極的に会ってみましょう。

会ってみないことにはその人の人間性は分からないですよ。

婚活で結婚相手を顔で選んではいけない理由

顔を重視していると視野がせまくなる

婚活ではお相手をプロフィールで探すことが多いので、ほとんどの人はまず顔に目がいきます。

そのため、はじめは”顔はあまり重視しない”と言っていた人でも、いざプロフィールを見ながら探し始めると知らず知らずのうちに理想が高くなってしまう人が多いです。

プロフィールを見ているとだんだん目も肥えていき、今までストライクゾーンだった人も範囲外になっていく可能性も高いので注意が必要です。

さらに、もともと理想の高い人や婚活を進めていくうちに理想が高くなってしまった人は、ステキな異性だけにアプローチをし、その人たちとうまくいかないと飽き足らなくなってしまうという特徴があります。

このような人たちは、考え方を変えて婚活していかないとどこで婚活してもうまくいかない可能性が高くなりますので注意しましょう。

婚活場所を掛け持ちしたりコロコロ変える人もいますが、場所を変えても自分が変わらなければどこにいっても婚活はうまくいかない可能性が高いです。


もちろん、婚活場所やアドバイザーとの相性もあるので婚活場所を変えることは悪いとは一概には言えませんが、自分自身の努力も必要ですよ。

婚活前より欲がでてくる

婚活する前は、

・婚活ってどんなことするんだろう

・自信がないけど自分にも婚活できるのだろうか

・結婚してくれる人がいるなら多少の妥協はできる

などと慎重に考えていた人も、活動をはじめたとたんに急に変わってしまう人もいます。

たくさんの人とお見合いできたり、アプローチがきたりすることで自分に自信を持つならいいのですが、たくさんアプローチしても返事がこないにもかかわらず、顔がいい人にばかりアプローチするのはよくありません。

たくさんの人にアプローチしても返事がないということはどういうことなのかをよく考えて活動しなければ、活動している意味がなくなってしまうので注意しましょう。

理想がどんどん高くなる

婚活をはじめると、今まで異性と出会うチャンスがなかった人でもお見合いやお付き合いができるようになります。

そのため、はじめの人とうまくいかなくても、

・次はもう少しキレイな人にアプローチしてもうまくいくかもしれない

・今の人とうまくいかなくても他にも付き合ってくれる人はたくさんいるだろう

と過信してしまう人が多いです。

婚活を続けていれば、いつでもお見合いやお付き合いができるというわけではありません。

お見合いやお付き合いしてうまくいかなかった場合は、なぜうまくいかなかったのかをよく考え次につなげましょう。

理想の人を見つけるために婚活しているのはわかりますが、理想が高ければ高いほど自分の首をしめることになってしまいます。

理想はあくまでも理想です。

理想が高い人は、理想と現実は違うということを婚活しながら学んでいく必要があるでしょう。

結婚できる人は、ストライクゾーンが広い人や理想が高すぎない人ですよ。

婚活がうまくいかなくなる

婚活している人の多くは理想を追い求めている人が多く、もともとの理想も高いので、いざ現実を知るとギャップに驚き婚活を辞めてしまう人も多くいます。

とくに、恋愛経験が少ない人は現実を知らないまま婚活する人も多いので、現実を受け止められない人も多いです。

よく勘違いしている人がいますが、結婚相談所は自分の理想の人を紹介してくれる場所ではありません。

仮に紹介してもらいアプローチできたとしても、その先はなかなかうまくはいかないでしょう。

既婚者の多くは見た目だけで結婚相手を選んでいるわけではありません。

顔も重要と考えている人は、自分磨きもがんばらないと婚活はうまくいかないということを知っておきましょう。

結婚相手は、顔や収入など条件がいいにこしたことはありませんが、他に重要視しなければいけないことはなんなのか、自分自信でよく考えてからお相手を探しましょう。

あなたの理想の結婚相手はどんなタイプ?成婚コンシェルジュ診断でチェック

既婚者の人はどんな人と結婚しているか観察してみよう

婚活を考えている人は、既婚者の人はどんなお相手と結婚しているか観察してみると自分に合っている人を想像しやすくなります。

婚活している人の多くは自分は理想が高いとは思っていないので、婚活をはじめるとうまくいかないことも多いです。

実際、既婚者に比べるとても理想が高く「今のままの考えだと結婚は難しいだろうな・・・」という人が多いのが現状です。

婚活は真剣に活動しないとなかなか結果はついてきません。「本当に結婚したいと思ってます?」と思われないためにも

・どうして自分は婚活するのか

・どれぐらい結婚したい気持ちがあるのか

を明確にして婚活することはとても重要です。

理想の人と結婚したいので妥協はしたくない

という人と

「独身は嫌なので妥協してでも結婚したい」

という人とでは、はじめから考え方も婚活方法も変わってくるのです。

自分は結婚に対してどのように考えているかが分かっていない人は、どうしても活動が中途半端になってしまいます。

現実を知ることで、今の自分は理想が高すぎるのかどうかのがわかります。

顔が大事という人は、外出したときなどに夫婦や家族連れをよく観察してみましょう。

顔で結婚相手を選んでいる人は少ないということがわかりますよ。

結婚生活に重要なのは顔ではない

顔がいい人と結婚したいと思って婚活している人は、結婚と恋愛を一緒に考えてしまっている人かもしれません。

恋愛相手として考えるなら、顔のいい人でもいいかもしれませんが、結婚は顔がいいという理由だけで結婚してしまうとうまくいかない可能性があるということを知っておく必要があります。

誰だって結婚相手は顔がいいほうがいいに決まってますが、それ以上に考えなければいけないところがあるので顔で選ばなかったのです。

毎日顔を合わせなければいけないという意味ではもちろん顔も重要ですが、顔を一番に考えるのではなくどんな人と結婚したら幸せになれるのかを考えることが重要です。

婚活は、プロフィールにステキな人がたくさんいたり、今まで会ったことのない人とも出会える可能性がある場所なので感覚がまひしてしまう人がいます。

婚活で結婚相手を探すときは、釣り合いのとれている人を探すことが重要です。

苦楽をともにでき、ずっと一緒にいられる結婚相手を探しましょう。