結婚相手の両親との同居は絶対したくない?!同居のメリットとデメリットとは
結愛(ゆい)結愛(ゆい)

結婚したらお相手の両親との同居はイヤだなぁ。
同居はデメリットしか思い浮かばないのですが、メリットもあるんですか?
教えてください。

SATOMISATOMI

結婚するときに考えなければいけないことの1つに、結婚相手の両親との同居があります。
同居を嫌がる女性は多いですが、同居しないといいことばかりなのでしょうか?

同居は本当にデメリットばかりなのか

結婚を考えている女性のほとんどは

「結婚したらお相手の両親との同居はイヤっ」

と思っているのではないかと思います。

同居するのは本当にデメリットばかりなのでしょうか。

現に、最近は同居せずに暮らす人も多いので、核家族の人たちもかなり増えています。

旦那の両親に干渉されず、自分達だけで生活できるということは、メリットばかりな気がしますよね。

しかし、子供が産まれるとそうはいかないことがでてきます。
周りに助けてくれる人がいないと、ワンオペ育児地獄になってしまう可能性があるのです。

ちまたでは、同居している女性たちの悲痛な叫びが飛び交っているので、同居はすごく大変なんだということが頭をよぎりますよね。

ですが、結婚したいと考えている人が先にそのことばかり考えていると、結婚できなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

同居にはメリットもデメリットもあります。

同居は結婚してすぐにしなくてもいいのですから、結婚が決まってからじっくり先々のことを考えて計画を立てればいいのです。

結婚してからも先は長いので、自分の思い通りにはならないこともあります。

婚活している人たちにも多いのですが、はじめから

”○○○の人は結婚相手としてNG”

と線引きしてお相手を探すのはやめましょう。

お相手ができる前にいろいろ考えすぎると、肝心なお相手がみつからなくなってしまいますよ。

彼の親と同居するメリットとデメリット

同居のメリット

同居はイヤだと思っている女性も多いですが、実はメリットもたくさんあるんですよ。
家族が増えたときのことも考えて、メリットも知っておきましょう。

子供の面倒を見てくれる

子供が生まれると周りの人に助けてもらわなければいけない場面が必ず出てきます。

とくに、ワンオペ育児の場合は何でも自分1人でやらなければいけないため、どうしても人手が必要な時はすごく困るんです。

そんな時に、旦那さんのご両親と同居しているととても助かります。

ちなみに私は同居していないので、

「今日は義理のお母さんに預けてきたんだ」

とママ友から聞くと、うらやましく感じることがありました。

子育て中のママたちはたまに息抜きも必要なんですが、ワンオペだとなかなかできませんからね。

普段は1人でできることが多いので、手伝ってくれる人がいなくても大丈夫と思いがちですが、同居していると育児がとても楽になるでしょう。

外に出て仕事ができる

結婚する前にバリバリ仕事をしていた人は、結婚後も仕事をしたいと思っている人もいることでしょう。

結婚したら子供は欲しいから、

”子育てが落ちついたらまた働きたい”

と考えている女性も多いかもしれませんね。


でも、子供が生まれてから仕事をする事はとても大変です。

とくに、子供がたくさんいる場合や、周りに子供の面倒を見てくれる人がいない場合は、とくに大変になるでしょう。

そんなときに同居していれば、義理のお母さんに甘えさせてもらうことができます。

少しでも早く仕事に復帰したいと考えている女性は、同居はとてもメリットがありますね。

自分の体調が悪い時に手伝ってもらえる

普段は元気で動けるのでなんでも自分でできますが、体が思うように動かない場合はとても困ります。

旦那は仕事でいないし、帰ってからもたいして手伝ってくれないとなると、具合が悪くてもがんばって動かなければいけません。

日頃から、周りに手伝ってくれる人がいない場合、自分が体調が悪くなって子供の面倒をどうしても見れないときはどうするべきかを考えておく必要があります。

私は、入院したり動けなくなって寝込んだりしたことはまだないのでなんとかなっていますが、もしそうなったら大丈夫なのかなと不安になるときがあります。

よく

”子育ては母親ひとりではできない”

といいますが、本当だなと思います。

同居はイヤだと思っている人はたくさんいると思いますが、周りにお手伝いしてくれる人がいるに越したことはありませんよ。

金銭的に余裕ができる

結婚して自分たちだけで住居を構えると何かとかかるのがお金ですよね。

新居を建てるにしても、親元を離れて家を借りるにしてもお金はかかります。

同居の場合、その出費が減るので金銭的に余裕がでてくるでしょう。

さらに、ご両親もお仕事をしていたりすると、自分たちだけで生活するよりずっと金銭的に余裕ができますよね。

子供が生まれると何かとお金がかかります。

”いろいろ買ってあげたい”

”早いうちから習い事をさせたい”

”子供が生まれたら車を買い替えたい”

などと考えている場合は、同居して金銭的に余裕がもてる暮らしを優先的に考えてみるといいかもしれませんね。

子供が生まれると、おじいちゃんおばあちゃんは孫にいろいろ買ってあげたくなるものです。
甘えられるところは甘えちゃうのもアリではないでしょうか。

同居のデメリット

義理の親とうまくいかずストレスが溜まる

結婚後に同居したくないと言う理由の多くは、義理の両親とうまくいかないのではないかと思っていることです。

「私は、どんな義理のお母さんともうまくやっていけるから大丈夫!」

という人はほとんどいないでしょう。



ママ友の話しを聞いていると、

”うちは同居じゃないけど目と鼻の先に家があるからいつも監視されているようでイヤ”

”たまに会うなら我慢できるけど、そりが合わないので同居は無理”

などと言っています。

結婚後に同居する可能性がある場合は、結婚する前に義理のご両親はどんな人なのかは知っておく必要があるでしょう。

同居はどうしても無理だと思うなら、近くに住むことを考えるなどして、少し距離をおいたほうがいいかもしれません。

同居に対して意見があるなら、きちんと旦那さんに伝えましょう。
言わないで同居して、辛い思いをしてからでは遅いですからね。

同居には、メリットもデメリットもあるので、旦那さんと話し合うことは重要ですね。

介護の心配が出てくる

旦那のご両親が若いうちは仕事をしている人も多く、元気なのであまり考えることはないのですが、年をとって病気になったりすると一変します。

子育てのことだけでも大変なのに、急に介護のことも考えなくてはいけなくなってしまう可能性がでてくるのです。

そうなると、

”同居しながら看病する”
”施設を探して入居してもらう”

など、方法はいくつか考えられますが、同居しながら看病するのは負担が大きくなりますし、施設に入居することになれば経済面での負担が急に大きくなります。

日頃から、急にこのようなことになることも想定しておく必要があるでしょう。

夫婦それぞれの両親は、いずれ年をとって動けなくなってきたり、病気になったりします。
結婚したら、両親の老後のことを話し合っておかないといざとなったときにあわててしまいます。

育児と介護が重なってしまうと、負担がかなり重くなります。

結婚したばかりのときは、楽しいことばかり想像してしまいますが、結婚はスタートです。
先は長いので、いろいろ考えながら対処して結婚生活を送らなければいけません。

同居は悪いことばかりではない

結婚して、彼の両親と同居することを嫌がる女性はとても多いです。

でも、実際のところは同居している人も多く同居して良かったと思っている人も多いのです。

結婚前は同居のデメリットばかりを考えてしまっている人も多いですが、じつはメリットもたくさんあるのです。

同居しないことがメリットばかりというわけでもないので、どちらを選択するにしてもメリットもデメリットもあるということは頭に入れておく必要があるでしょう。

義理の両親との生活に慣れることはとても大変だと思いますが、頼れる人がいるのはとても助かります。

ちなみに、私はワンオペ育児中ですが、頼れる人が周りにいないので、1人でなんでもやらなければいけません。
元気なときはいいのですが、体調が悪いとかなり大変です。

同居に関しては、結婚する前から同居はしないと決めつけるのではなく、結婚することが決まったときにお相手といろいろ考えておくと先々のためにもいいですよ。

自分にはどちらが合っているかを考える

結婚は、それぞれのライフスタイルがあります。

みんな、家族構成も違えば住んでいるところも違うので、”同居がいい”とも”同居はしないほうがいい”とも言えないのです。

義理の両親とそりが合わない人もいるでしょうし、優しい義理の両親もいるでしょう。

結婚生活は道のりが長く、山あり谷ありです。

結婚は柔軟に対処していかなければいけないことがたくさんでてきます。

結婚相手を選ぶときもそれは同じです。
固執した考え方だと結婚が遠のいてしまいますよ。

これから結婚を考えている人は、まずはステキな結婚相手を探しましょう。