一人は気楽だと思うのは今だけ?! 結婚していないことが不安になる前に考えるべきこととは
結愛(ゆい)結愛(ゆい)

一人は気楽なのでいいこともたくさんあるけど、最近このままでいいのかと不安になることがあります。
やりたいこともあるので結婚はまだ先でもいいかなと思っているのですが、今から考えた方が良いのでしょうか。
教えてください。

SATOMISATOMI

一人で自由に生活ということは、気楽な反面、この先のことを考えると不安なこともあります。
結婚していないことが不安になる前に、この記事を読んで一度考えてみましょう。

一人が気楽だと思うときってどんな時?

周りにとやかく言われなくていい

一人だと周りにとやかく言われることがないので、自分の思ったとおりに行動することができます。

”なんでも自分で決めたい”

”相手に合わせることが苦手”

”つべこべ言われるのは嫌”

という人は、一人の方が気楽だと感じる人かもしれませんね。

相談せずに失敗することも自己責任にはなってしまいますが、やりたいことを止められたりするよりましだと考えている人は、周りにいろいろ言われたくないのでしょうね。

結婚すると、自分一人で決めるのではなくパートナーと相談して決めることが多くなるので、もし結婚を考えているなら周りの人の意見も聞くようにしたほうがいいでしょう。

好きな時間に好きなことができる

一人でいると、自分の好きな時間に好きなことができるので気楽ですよね。

”寝たいときに寝て起きたいときに起きる”

”ゲームしたいときにゲームしてやめたいときにやめる”

”食べたいときに食べたいものを好きなだけ食べる”

”出かけたいときに出かけて帰りたいときに帰る”

など

一緒に生活している人がいると、なかなか自分が考えているすべてのことは時間通りにはいきません。


日常の生活を他の人と合わせるということは簡単なことではありません。

時間に縛られたくないという人は一人のほうが何かと気楽だとは思いますが、結婚したいと考えているなら相手に合わせるという努力も必要になってくるでしょう。

自由にお金を使える

周りの人に止められることなく、買いたいときに買いたいものを買うということはストレスもなくいいですよね。

自由に買い物ができるということはストレス解消にもなるのですが、結婚するとご褒美として自分に何か買うということがなくなっていきます。

家庭を持つと、節約することを頭において生活していくことになるため、自分のために使うのではなく生活のためにお金を使うことがほとんどなのです。

買いたいものがあっても買えないのはストレスになる可能性もあるので、家庭を持っていてもたまには小さなご褒美は必要ですけどね。

一人は不安だと思って生きている人は多い

「結婚すると何かと大変そう」

という理由から、一人の方が気楽でいいと思っている人はたくさんいます。

その反面、一定の年齢を超えるとこのままでいいのかと不安を抱えている人も多くなっていきます。

独身の人のほとんどは、いずれは結婚したいと考えています。

若いときはいいのですが歳を重ねていくと結婚に対しての悩みも増え不安が増していく人も多いのです。

結婚したいなら行動に移さなければ結婚はできません。

いずれ結婚したいと考えているなら、結婚のことを考えながら生活していきましょう。

一人の生活が長ければ長いほど、結婚したときに相手に合わせるのが苦痛に感じてしまうものです。

結婚すると相手に合わせなくてはいけないことばかりですので、いずれは結婚したいと考えているなら頭に入れておく必要があるでしょう。

人生の伴侶が欲しいなら結婚は後回しにしてはいけない

一人で生活している人のほとんどは、いずれは人生の伴侶がほしいと思っています。

まだ若いし一人の方が楽なので、つい後回しにしてしまっている人も多いのではないでしょうか。

結婚できる確率は、結婚適齢期を過ぎると急に低くなります。

実際に、婚活しようと入会にくる人のほとんどは、適齢期を過ぎてから結婚しようと思って来るので、なかなかうまくいかず苦戦する人が多いのが現状です。

いずれは結婚したいと考えているなら、早めの行動が大事なのです。

結婚を考え始めるタイミングが違うだけで、結果は大きく変わってきます。

結婚するなら早い方が結婚できる確率は高いです。

気楽な生活をしながらでも、結婚に向けて考えていきましょう。

長い目で見れば一人より二人がいい

結婚すると相手に合わせなければいけないことも多くなるので、一人のときより大変なこともあります。

まだ結婚していない人は、これから甘い生活が待っていると思いがちですが、好きな人と結婚しても一緒に生活するということは容易ではありません。

結婚は大変なことも多いです。

でも、パートナーがいることで協力しあうこともできるようになります。

パートナーがいれば、一人のときより大変なことや辛いことも乗り越えていくことができるのです。

若いときはやりたいことも多いので一人でいたほうがいいことも多いのですが、歳をとると周りは結婚している人が多くなるので寂しくなることがあります。

気楽な生活から抜け出すことは簡単ではありませんが、一人が不安になる前に結婚については考えておいたよいでしょう。

出会いがなくて不安だという人は、今の生活を続けながら婚活してみると考え方が変わってくるかもしれませんよ。

早めの行動がカギ

”婚活するなら1日でも早いほうがいい”

とよくいいますが、早いほうがいい理由は婚活を始めてもすぐには結婚できないからです。

婚活している人たちはたくさんいますが、自分に合っている人を探すのには時間がかかります。

一人が不安だと感じている人は、行動力が低下してしまう前に行動することが大事です。

どうしたら結婚することができるのか考えてみましょう。

結婚にあせりを感じている人や不安を抱えている人には、アドバイザーのいる結婚相談所がおすすめです。

アドバイザーがいると知らなかったことを教えてくれたり、相談にものってもらうことができるので心強いですよ。