結婚したい人は考えよう!個人でできる晩婚化対策とは
結愛(ゆい)結愛(ゆい)

晩婚化、晩婚化って騒がれてるけど、何か対策ってあるの?
結婚したい私にもいい情報があったら教えてください。

SATOMISATOMI

世間では晩婚化が騒がれていますが、どうすれば晩婚化の加速を抑えることができるのでしょう。
この記事では結婚したい人が個人でできる対策について書いています。
参考にしてみてください。

35歳以上男女専門の結婚相談所・お見合い・婚活応援サービス【R婚】

晩婚化が加速しないために個人でできる対策とは

”晩婚化が加速しないためにできること”

それは、結婚したい人自身が結婚について本気で考え早く婚活することだと私は思います。

なぜなら、出会いがなくてずっと困っていた人でも婚活することで出会うチャンスが増えるからです。

婚活するとほかにもこんなメリットがあります。

・今まで知り合ったことのないタイプの人とも出会うことができる

・結婚相手を具体的に考えることができる

・理想に近い人を探すことができる

・結婚についてしっかり考えるようになる

・異性を意識することで自分を磨くことができる

・自分に自信がつく

など

婚活すると何もしていなくて出会いがなかったころよりメリットはたくさんあるので、結婚をあきらめかけていた人でもかなり前進することができます。

とはいえ、いきなり婚活をはじめようと思ってもわからないことだらけの人も多いと思います。

思いつきで婚活して失敗してしまうとダメージも大きくなってしまう可能性が高いので、まずは自分自身を知ることや資料請求などをして婚活について調べてみることが大事ですよ。

大手結婚相談所12社から厳選

婚活についてのイメージや誤解

昔から結婚相談所は

・敷居が高い
・いいイメージがない

と思っている人がいますが、どうしてなのでしょう。


考えられる理由としては、

・活動先が思っていたところと違ったのでだまされたと思っている

・活動場所の金額が高額だったためローンだけ残ってしまった

・入会したが理想の人がいないので入会して失敗したと思っている

・親や周囲の人が婚活することをよく思っていないので入会しなかった

などがあります。

この理由に共通することは、婚活についてよく調べたり考えないで行動してしまっていることです。

やったことのないことや知らないことを、まずは身近な人に相談したいという気持ちはわかりますが、婚活をしたことのない人に婚活のことを聞いてもまったく参考になりませんよね。

それどころか結婚は今後の人生を左右することでもあるので気をつけましょう。

また、婚活は入会金などが高額なところもあるため、最初に金銭面で失敗してしまうと婚活が継続できなくなってしまうこともありますので注意が必要です。

婚活先はたくさんあるのに、一つ目で失敗してしまっては婚活が続けられないどころかローンだけが残ってしまうこともありえます。

婚活を始めるときは、自分が毎月活動できる金額はいくらなのかをはじめに考えておくことが重要です。

入会したい結婚相談所の金額が高めなら、毎月の負担にならないかどうか入会前に考えてから入会しましょう。

最近は高額なところばかりでなく、気軽に低額ではじめられる婚活も増えていますので、まずは自分に合ったところを探してみましょう。

大事なことは、高いとか安いではなくその婚活方法が自分に合っているかどうかです。

「自分だけで空いてる時間に婚活したい人」と「一人では婚活が不安だからサポートしてほしい人」では婚活方法が異なります。

自分はどんな婚活方法が向いているのかを考えてから活動場所は選びましょう。

考えてみたけどまだよくわからないという人なら、気軽に始められそうなところを探してみましょう。

お試しで婚活ができるところを探す

無料で結婚診断ができるので診断してみる

・自治体が主催している婚活を探す

・近くで婚活できる場所を探す

など

気軽に始められるところなら、もしそこでうまくいかなくてもまたがんばることが可能ですが、高額のところに入会してすぐ挫折してしまうと身動きが取れなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

先着で婚活支援金30,000円プレゼント!

婚活がうまくいっている人は成婚退会している

活動方法はその人によって違いますが、どんな活動方法でも婚活がうまくいっている人が結婚している人です。

婚活で結婚できていない人や挫折した人たちは、

「たまたま運がよかったんだよ」

「もともと有利な条件の人だったんでしょ」

「本当に結婚した人っているの?」

と思っている人もいるかもしれませんが、婚活して実際に結婚している人はたくさんいます。

結婚した人たちは、婚活に真剣に取り組みあきらめずに努力した人たちです。

昔は婚活に対して抵抗があった人も多くいましたが、今は結婚したい人ならあたりまえのように婚活する時代になりました。

しかし、「婚活は敷居が高い」とか「だまされそう」と思っている人もまだまだいます。

婚活がまだこんなに盛んではないころは悪徳業者もいたので、結婚相談業に悪いイメージがある人もいるのかもしれません。

実際に結婚相談所の面談に来る人の多くは何日も考えてから連絡したという人も少なくないので、今もイメージはあまり良くないのかもしれませんね。

最近は、 悪徳業者は少なくなっているのでそこまで心配はいりません。
ただし、自分に合っていないところや思っていたところと違うということはあります。

よほどのことがない限り、面談に行ったから無理やり入会させられるということはないと思いますが、もしそんなことがあってもクーリングオフできますので安心してくださいね。

婚活が盛んな今は、婚活業界の各企業が敷居が高いと感じている人のためにさまざまなプランを用意していますので、いろいろ調べてどんどん活用しましょう。

例えば、

最長三ヶ月間0円で正規会員様と同様のシステムが使用できる結婚相談所

無料パートナー紹介で理想の結婚相手を探す!ことができる結婚情報サービス

●初期費用が0円の専門婚活
 ・オタクの人のための【ヲタ婚】
 ・ぽっちゃりの人のための【ポチャ婚】
 ・内面重視でお相手を探したい人のための【マスクdeお見合い】
 ・田舎に住む男性と田舎に住みたい女性のための【田舎婚】

など、調べるとたくさんあるんですよ。

婚活は調べることや考えることも重要ですが、調べるだけで行動しないとまったく意味がありません。

婚活についていろいろ調べてみて、気に入ったところが見つかったら勇気をだして行動に移してみましょう。

最終的に結婚できた人は、それまでにいくつか掛け持ちしていたり、一つ目がうまくいかなくても次の場所で婚活している人も多いです。

もともと婚活に対してネガティブな印象をもっている人はすぐ挫折しやすい傾向にあるので、あきらめないことも重要ですよ。

厳選!16社の結婚相談所資料を一括請求する

婚活をはじめるなら情報収集しよう

婚活で失敗してしまう人のほとんどは、思いつきで行動して失敗してしまい、次に進めなくなってしまった人です。

すぐ失敗や挫折をしないためにも、婚活をはじめたいと思ったらまずは情報収集してみましょう。

いろいろ調べていくことで知識も豊富になるので、婚活に対しての不安や悪いイメージもなくなっていきますよ。

また、自分が婚活で失敗しないしないためにも、失敗してしまった人はどうして失敗したのかを知ることも大事です。

婚活をはじめようと思ってネットで調べていると、ネガティブなコメントを目にすることもあると思いますが、そこであきらめてしまったらせっかくの大きな結婚のチャンスを逃してしまうことになるかもしれません。

”急がば回れ”

婚活をしようと決めてからすぐに結婚できる人はいませんので、 婚活を始めるなら早いに越したことはありません。

どんなに早い人でも、段階を踏んで結婚までたどり着いているのであせりは禁物です。

結婚したい人たちが婚活に対して興味を持ち、早く行動することが晩婚化対策になると私は思っています。
結婚を考えている人は婚活についていろいろ調べてみましょう。